NEWS

鍼灸治療の適応疾患

  [はり灸の効果がある疾患]

はり灸といえば、「腰痛」「ひざ痛」「肩こり」の治療だけ、と思っていませんか?

当院の鍼灸治療(全身)は、上記の痛みも治療できますが、生理痛、不妊症、自律神経失調症、冷え症、更年期、内臓の不調や、疲労感、イライラする、気分がすぐれないなど、体の内側の不調を治すのが得意な治療法です。

実際にWHOでも、
腰痛・肩こり・膝痛などはもちろん、めまい・耳鳴り・座骨神経痛・自律神経失調症・頭痛・五十肩・関節炎・不眠症・腱鞘炎・リウマチ・動脈硬化症・高血圧症・喘息・胃腸病・生殖器疾患・泌尿器疾患・婦人科疾患(不妊症・生理痛・冷え性・更年期障害)・鼻炎・眼精疲労などなど、、、
様々な疾患に効果があると認めております。

また、鍼灸治療は病院に行っても病名がつかないような身体の不調にも効果があります。

当院の治療(全身の鍼灸治療)の特徴としては、鍼とお灸で、「自律神経の乱れ」、「肩こり」、「腰痛」、「疲労感」、「胃腸の不調」など、患者さんが苦痛に感じている症状を治すのはもちろんですが、加えて患者さん自身が元々持っている自然治癒力(病気やストレスに負けない力)を高める治療法です。

ですから、治療を続けていくと病気にもなりにくくなり、もし病気になっても以前より早く治ったり、軽く済む抵抗力が備わってきます。
苦痛に感じている症状の改善だけでなく、「風邪を引きにくくなる」、「朝、すっきり起きられる」、「疲れにくくなる」、「イライラしなくなる」などなど、メリットはたくさんあります。

鍼灸治療は「気血(きけつ)」を整える治療法です。
ここで言う「気」とは「気分ややる気」など主に精神面をいい、
ここで言う「血」とは主に「内臓や血液」などの栄養状態をいいます。
ですから気血を整えれば体だけでなく、気分も晴れやかになりなるので日常のストレスや精神的疲労を感じている方などに特にオススメです。

秋田市 鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

自律神経とはどんな神経?

日常生活やテレビなどでもよく耳にする自律神経という言葉。
でも実際に「自律神経ってどんな神経?」と疑問に思っている人も多いと思います。
そこで今回は自律神経がどんな神経なのかを簡単に説明したいと思います。

☆体の働きをコントロールする自律神経
私たちは外部環境に適応するために、一定の体温や血圧を維持し、心臓を休みなく動かしながら生命活動を続けています。
こういう活動が出来るのは、私たちの体にホメオスタシス(生体の恒常性を維持する機能)という不思議な力が働いているからです。
このホメオスタシスを保つために、全身をコントロールしているのが「自律神経」です。
自律神経は人間の意思と関わりなく活動するために「植物神経」ともいわれ、意思によって活動することのできる「動物神経」と区別されています。

☆2つの神経が調和して体の働きが円滑になる
自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つに分けられます。
交感神経は「活動する神経」と言われ仕事や運動をするときに心臓の動悸や血圧を高め精神活動を活発にします。
副交感神経は「休む神経」と言われ内臓や器官の働きをリラックスさせる神経で睡眠、休息などをとるときに働きます。
体をスムーズに働かせるために、二つの神経はお互いにリズムを取り合っているのです。
また、副交感神経は消化器の活動や消化液の分泌もコントロールし、緊張によって交感神経が強く働くと副交感神経の働きが抑えられ、「食事ものどを通らない」ということになります。

このように自律神経は私たちの心身の活動に密接に関係しています。

秋田市 鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

養生とは

「養生」という言葉を辞書で調べると「健康を増進すること、人間の身体の状態を整えること」とあります。
現代社会ではこの「養生」の気持ちが薄れているように感じます。

例えば、「風邪気味になった時に、どうしますか?」と効くと大半の方は「病院で薬をもらう」、「市販の薬を飲む」などと答えます。
意識として、「体を温めて、休養する」といったような養生的な考えはなかなか出てこないのが現実です。
しかし、これからの将来は「病気になったら医療機関に行って治してもらう」という考え方ではなく、「病気にならないように日々、自分で養生する」というような生き方がとても重要になってくると思います。

例えば、食事や運動、睡眠、ストレスなど病気の原因となるものはほとんどが日常生活が原因となっています。
今の時代は、特に手間を省き便利さを追求したものがどんどん増えています。
食事に関してだけでも、ファストフードや加工品、添加物など様々な問題があります。
確かに便利でいいのですが、身体の事をを考えたときにそれが本当にいいかというとほとんどの場合、身体にはいい影響を与えていないと思います。
忙しくて、運動や睡眠の時間もちゃんと取れている人も少ないと思います。

病気になってからではなく、病気になっていない今だからこそ改めて「養生」について考え、生活していくことが大切になってくると思います。

また、そんな時代だからこそ、「人の持つ治癒力を最大限に生かし、身体を健康な状態に回復させる」という鍼灸の根本的な治療原則が役に立てるように私たち鍼灸師も日々努力していかなければと思っています。

秋田市 鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

第7回医鍼連帯研修(東京大学付属病院) 耳鳴り・難聴

12/15(日)に第7回医鍼連帯研修が東京大学医学部付属病院で行われ、参加してきました。
今回は耳鳴り・難聴の治療について研修してきました。
耳鳴り(みみなり、じめい)とは『外界からの正常な音刺激がないのに耳の中あるいは頭蓋のなかに音が感じられること』です。

耳鳴りは症状名で、原因・病態は多様。防音室で94%は耳鳴りを自覚しており、
平成25年国民健康調査では、耳鳴り症状を有する国民は381万人、このうち26万7千人が治療を受け、3万9千人が鍼灸施術所で治療を受けているそうです。

耳鳴りの原因は様々ありますが、
病院で検査をしても原因がはっきりしない耳鳴りは、イライラ・不安・ストレスなどからくる場合も多いそうです。
そういった耳鳴りには鍼灸治療も効果があります。
鍼やお灸で耳の周りや肩首周りのツボを使い、耳の聞こえをよくする筋を緩めて、血流を改善する事により耳鳴りを軽減していきます。

また、東洋医学では遥か昔から「腎と耳」は関係しているといわれていますが、最近の研究でも実際に耳と腎は関係があるという研究結果も出ているそうで、伝統医学である東洋医学の奥深さを改めて再認識いたしました。

秋田市 鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

不妊症と鍼灸

今回は妊活中の鍼灸治療について書きたいと思います。

不妊治療と一言にいっても、その方の治療の段階や体質、年齢など様々なケースがあります。
そのため、当院では問診や脈診などを用いて、その方の体質にあったオーダーメイドの治療を心がけています。
鍼灸治療を始めた事により体質が改善され、より妊娠しやすい身体に変化していくのをご自身が身体の感覚や病院の数値で実感していただけるように日々努力しています。

ちょっと当院の不妊治療に対する考え方を書いてみたいと思います。

当院では「どの時期に集中して治療をしましょう!」というご案内はしていません。週に1~2回のペースでコンスタントに治療を行って体を整えていく必要があると考えるからです。
不妊症で悩まれている方は「冷え」「凝り」「疲れやすい」などの症状を伴っている方が多いような気がします。
そのため、まずは健康的な身体づくりが最優先と考えています。
健康的な身体でなければ、どんな高度な治療や、タイミングがよくてもそれを最大限に生かすことは難しいと思います。
また、不妊症に対する当院の大きな方向性としては、ほとんどの場合、「足とお腹の冷えを改善する」事を主眼に治療していきます。
具体的には、お灸を使い足や腰、お腹を中心に温めていき、冷え性の体質を長期的に改善していきます。
さらに、腰仙部を中心に鍼を打ち、骨盤内臓器である子宮や卵巣の血流を改善し、生理周期や痛みを改善したり、妊娠するための機能や働きをご自身の持っている力の最大限まで引き出します。
また、治療の期間の目安としましては、原子卵胞が150日ほどかけて大きくなっていくことを踏まえると、早くてもやはり3ケ月から半年くらいは時間がかかると考えています。
不妊治療は心身ともにストレスのかかるものです。
鍼灸治療にはリラクゼーション効果もあるので、おすすめです。

「まずは、健康的な体づくりから」
それが、始まりであり、幸せに近づくことであり、ゴールなのかもしれません。

秋田市 鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

お灸をしませんか?

寒さが本格的になってきました。
昔から「冷えは万病のもと」と言われるように、冷えはさまざまな体調不良の引き金になります。
そこで今日はお灸のお話しをしていきたいと思います。

お灸の原料は「もぐさ」です。
もぐさはヨモギの裏にある白い綿毛を精製したものです。
ヨモギはヨーロッパでは「ハーブの女王」といわれるほど、さまざまな効果のある薬草で、食物繊維、葉緑素、ミネラルが豊富で、浄血、増血作用などもある万能薬です。
このもぐさに火をつけて、ツボを刺激し体を温めるのがお灸です

☆お灸の効果☆
・血行がよくなり、免疫力アップ!
お灸で体に温熱刺激を与えることで、皮膚の下にある筋肉や血管、リンパ節が刺激されます。
すると細胞が活性化され、免疫力がアップしたり、リンパの流れが改善されむくみの解消にもつながります。
さらに温熱刺激により血管が収縮・拡張し、局所の充血や貧血を調整し炎症を和らげる効果もあります。

・体のさまざまな症状の改善
人間の体には「経絡(けいらく)」というエネルギーの通路がくまなく巡っています。
東洋医学でいうエネルギーとは、人間の生命活動に必要な「気・血・水」のこと。
その「気・血・水」が不足したり、バランスが崩れたりすると体調不良を引き起こすといわれています。
その時に反応がでる箇所がいわゆる「ツボ」といわれるところです。
ツボにはそれぞれに効能があるので、そこを刺激することにより、冷え性や肩こり、腰痛、膝痛、頭痛、むくみ、ストレス、だるさ、不眠などといった様々な症状の改善が期待できます。

・鎮痛、リラックス効果
もぐさの有効成分として注目したいのがシネオールという精油成分。
よもぎやユーカリに含まれる成分で、強力な消毒・殺菌・鎮静・鎮痛作用があります。
お灸をすることによりこの成分が皮膚表面から内部に浸透するので、痛みを和らげる効果も期待出来ます。
ちなみにこのシネオールはもぐさを燃やした際にに出る煙にも含まれています。
またもぐさの匂いにはリラックス効果もあります。
お灸の効果を高めるためには煙も大切な要素だといえるでしょう。

ちなみに当院もお灸を積極的に行っていますので、室内は少しお灸の匂いがします。(^_^;)

秋田市 整骨院・鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

冬の養生法②

今日は、前回に引き続き冬の養生法について(風邪予防)について書いていきたいと思います。

冬は毎年風邪が流行する時期。
冬にかぜがはやるのは、空気が乾燥し、ウイルスが活性化するだけが原因ではありません。
本当は身体の方に要因があります。寒さや乾燥で身体の中の免疫の要である扁桃や腸の免疫組織が障害を受けやすいからです。

・口呼吸が風邪の原因!
☆鼻は加湿器、空気清浄器、エアコンの3つの役割を持つ
鼻水は1日に約1ℓも分泌されています。そのうち約7割は、鼻を通る空気を加湿するのに利用されます。鼻水が取り込んだ空気に湿り気を与えることで、体内に入る空気の湿度は90%以上に高められます。しかし口呼吸では、これほど湿度を上げることができません。
また、鼻は、空気をきれいにする働きも持っています。
鼻毛や鼻粘膜に生えている微細な線毛や粘液層などにより鼻から入った空気は異物の多くが除去され、いわば空気清浄器から放出された空気のような状態になります。
そのため、鼻から入った空気は、口から入る空気より、感染症にかかるリスクが少なくなるのです。
また、鼻から呼吸することで、空気が温められます。口呼吸では冷たいまま肺に届けられてしまいます。すると、肺の免疫力が低下するリスクにつながったり、肺にかかる負担が大きくなってしまいます。
このように、鼻は加湿器、空気清浄器、エアコンの3台を合わせた機能を持っています。だから、健康のためには鼻呼吸が重要なのです。

口呼吸では、鼻呼吸ほど異物を取り除けないほか、温度や湿度も高められません。
さらに口呼吸では口に中が乾燥するため、歯肉炎を起こしたり、虫歯になりやすいとも言われています。

☆お腹を温める
お腹は体の中心です。腸にはのど以上の免疫細胞があります。
免疫組織は体温より温度が高いことと、休養によって活性化します。
そのため、かぜの予防には大根などの温かい料理やネギ・ニンニク・ショウガなど(お腹から)体を温めるものをおすすめします。
最近では冬でもアイスなどを食べますが、お腹を冷やしてしまうため控えましょう。
また、寝冷えでお腹が冷えるとかぜを引きやすいです。子供が暑くて布団を蹴った時も、お腹だけは毛布をかけてあげましょう。
これからの時期、インフルエンザなどが流行してきますが、十分な睡眠をとりしっかりと養生し免疫力を上げて元気に冬を乗り切りましょう!

秋田市 整骨院・鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

冬の養生法

11月も後半に入り、気温もグッと下がりいよいよ冬本番という感じがしてきました。

そこで今回は冬に大切な養生法について書いていきたいと思います。
今日は冬の運動と食事ついてです。

☆冬はほどほどの運動で体を温めよう!
運動して汗をかくと「気」の巡りがよくなり、体内の老廃物を排出する効果もあります。
ただし、基本的には冬は「蔵する(活動を避け蓄える)」季節なので、汗をたくさんかくような運動や、激しい運動は避けた方がいいでしょう。
とはいえ、何もせずにじっとしていると冷えなどはひどくなりますので、ストレッチや軽いウォーキングなどで適度に体を温める事をオススメします。

☆冬の食事は内側から温め気を補う
食の基本は旬の食べ物をバランスよくとることです。
現代社会はスーパーに行くと冬でもトマトやキュウリなどの夏野菜がいつでも手に入るため、季節に関係ない食生活を送ってしまっています。そのため現代人は冷えがひどくなったり、体調を崩しやすくなっています。
冬に旬を迎える食べ物には体を温める作用があります。
なるべく旬の食べ物えを食事に取り入れるようにしましょう。
また、食事は就寝の3時間前には済ませるようにしましょう。
寝る直前に食べ物を食べると寝てる間も胃腸が活発に働く事になり十分に体を休めることが出来なくなります。
食べる量も腹八分目が大切です。
忘年会シーズンなどで胃腸を酷使しやすい季節ですので暴飲暴食には気をつけましょう!

☆体を温めるためのセルフケア
・ツボ押し
「三陰交」:内くるぶしから指4本分のところ。親指の腹で押す。
「湧泉」:足の指を曲げたときに出来るくぼみの真ん中。親指の腹で押す。
※ツボの位置は目安です。押してみて痛気持ちのいい場所を見つけましょう!

・足湯
「足湯」によって、足先の血行がよくなり、リラックスすることができます。寝る前の足湯は寝つきをよくします。
※足首(三陰交)がつかるくらいのお湯を入れ、40~42℃くらいで10分ほどやる。

冬に「寒」の傷害を受けると、春に体調を崩しやすくなります。
なので、冬は特に体の冷えに気をつけ、元気に春を迎えましょう!

秋田市 整骨院・鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

第5回医鍼連帯研修(東京大学付属病院) 膝痛

10/20(日)に第5回医鍼連帯研修が東京大学医学部付属病院で行われ、参加してきました。
今回は膝痛のOA(変形性膝関節症)の治療について研修してきました。

変形性膝関節症とは50歳以上の膝の慢性痛ではまず第1に考えられ、そのうちの1/4は日常生活に障害があるといわれています。
軟骨の摩耗と代謝性の骨棘の増生が特徴的に見られます。
膝蓋上囊の液体貯留(膝に水がたまること)を伴うことも多いです。
治療は肥満者では減量。大腿四頭筋のトレーニング、薬物療法、鍼灸治療などがあります。

今回も東大病院で鍼灸治療を実際に行っている先生から膝に対する鍼灸治療の仕方を教えていただきました。
鍼灸治療のより骨の変形自体は変わりませんが、膝の痛みの原因になっている筋肉や膝に関連している筋肉を治療し、血流を改善することにより、痛みや可動域を改善させることが出来ます。
また、中医学的な膝の治療や運動鍼なども教えていただきました。

膝痛は特に自宅でのセルフケアが大事ということでした。
そのセルフケアの仕方も教わってきたので、膝の痛みで悩んでる方はぜひ!

秋田市 整骨院・鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

第4回医鍼連帯研修(東京大学付属病院) 腰下肢痛

9/15(日)に第4回医鍼連帯研修が東京大学医学部付属病院で行われ、参加してきました。
今回は腰下肢痛の治療について研修してきました。

腰部脊柱管狭窄症についての鍼灸治療について特に勉強してきました。
腰部脊柱管狭窄症の症状としてみられる間欠性跛行は歩行や立位により脊柱管内をさらに狭くして神経根や馬尾神経を圧迫することと、神経内の血流障害により出現します。
脊柱管狭窄症にもタイプがあります。
・馬尾型:下肢、会陰部のしびれなどを異常感覚を主症状として多恨性障害呈を呈する。
・神経根型:下肢痛を主体とした単根性障害。
・混合型:両者の合併したもの。
このうち鍼灸治療が最も適応するのが、神経根型です。逆に馬尾型は保存療法では抵抗する例が多く手術を勧められることもあります。
脊柱管狭窄症に対する鍼灸治療は自覚症状や他覚的所見により判断した狭窄部位である椎間関節の刺鍼と障害されている末梢神経の神経刺激を行います。
また、脊柱管狭窄症の術後のしびれ残存に対する灸治療も教えてもらいました。
症状が緩和する効果もあるようです。
これからの治療にも生かしていきたいです!

秋田市 整骨院・鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院