NEWS

西洋医学と東洋医学の違い

今年も残りわずかとなりました。。。
今年は「コロナウイルス」に翻弄された1年でしたね・・・。
少しでも早く終息してくれるのを祈るばかりです。

さて、今年最後の投稿となりますが、西洋医学と東洋医学の違いについて書いてみたので是非読んでみてください!

西洋医学と東洋医学は「人の身体を良くしていく」という基本的な考え方は同じです。
大きな違いは不調になった原因や不調になった人間の見方、治療方針の立て方などです。

東洋医学は人間の体を流れている「気」「血」「水」により身体の生命活動が維持され、これらが滞ったり、不足したりバランスが崩れることで病気になったり不調が現れたりすると考えます。
そして、身体全体を1つのものとして捉え、治療も全身的に行います。
「全身が元気でないと身体を治すことはできない」と考えます。

西洋医学は「皮膚科」「呼吸器科」「消化器内科」など身体をそれぞれの臓器に分け、症状が出ている場所に対して診察し、それぞれの症状に対応したお薬などを処方して不調の部分を治療していきます。

例えば頭痛に対しても西洋医学はMRIなどで重大な病気が隠れていないか確認し、特に原因はなければ痛み止めの服用で様子を見ることが多いと思います。
東洋医学では頭痛の原因なっている筋肉の緊張や血流のバランスの乱れや、精神的ストレスなどに着目し、「心」と「身体」の両面からアプローチしていきます。
但し、東洋医学はお薬とは違い、即効性はありません。治療を重ね、徐々に頭痛になりづらい健康的な身体に整えていきます。

西洋医学と東洋医学はの使い分けは個々によって違います。
解明されている病気や、検査で原因のはっきりしている病気などは西洋医学による治療が大切です。
外傷や急性症状なども西洋医学の治療が大切になってきます。

ただし、症状はあるけど病院の検査では異常が見つからない、いわゆる「未病」と言われる状態は東洋医学が得意な分野です。
近年増えている「自律神経失調症」や「不眠」、「冷え症」、「気分の落ち込み」など病院ではっきりとした診断のつかない症状は鍼灸治療で改善することも多いです。

また、予防医学の面でも西洋医学、東洋医学それぞれにいい面があります。
西洋医学は人間ドックや健康診断によって大きな病気を早期に見つけることが出来き、疫学や公衆衛生の発達により寿命が延びていることも西洋医学の大きな成果です。
東洋医学では普段から養生し免疫力をを高めておくことで、病気になりにくい身体を作ることが出来ます。
また、自然治癒力を高めておくことで、少し体調を崩しても悪化せず、自分自身の治癒力で症状を回復させることが可能です。

西洋医学、東洋医学どちらにもメリットデメリットがあります。
それぞれの症状や状態に応じてうまく選択していくことが大切です。

人間の体は神秘的です。
医学が発達してきた現代でさえもエビデンスだけでは解明できない痛みやつらさがあります。
みなさんが健康で健やかな日常を送れるよう私たちも日々頑張っていきたいと思います。

2020年もたくさんのご来院ありがとうございました。
2021年もどうぞよろしくお願いします!

秋田市 鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

7の倍数と8の倍数

東洋医学の教科書ともいわれている「黄帝内経」には女性は7の倍数、男性は8の倍数の年齢の時に節目を迎え、体に変化が訪れると書いています。

今日はその時にどの様な変化が起きるのか、簡単に書いてみたいと思います。
【女性】
7歳:歯が生え替わり、髪が長くなる。
14歳:月経が始まり、子を産めるようになる。
21歳:体が成熟し、背丈も伸びきる
28歳:女性として最も体が充実する。
35歳:顔の色つやにかげりが出て、髪やほほのハリに衰えが現れる。
42歳:顔がやつれ、髪に白いものが混じり始める。
49歳:肉体が衰え始め閉経を迎える。

【男性】
8歳:歯が永久歯に生え替わる
16歳:精通を迎え、子を作ることができるようになる
24歳:筋骨がしっかりし、背丈も伸びて最も体が成熟する。
32歳:筋骨が強壮となり、肌肉が豊でたくましくなる。
40歳:体力や毛髪の成長にかげりが見え始める
48歳:肉体的に衰えが始まる。白髪が目立ち始める。
56歳:生殖機能が弱まり、体全体の衰えが見え始める。

こうした変化が起きる時期を「節目」と呼び、カラの曲がり角の訪れるタイミングです。
曲がり角の曲がり方は人それぞれで、早めに曲がる人もいれば節目を過ぎてから曲がる人もいます。
人間の体は年を重ねるごとにいろいろと変化していきます。

それは悪いことではなく、とっても自然なことです。

それに対抗するのではなく、節目節目でやってくる曲がり方をゆるやかにし上手に乗り切ることが大切です。
それらを左右するのは
「日々のケア」です。
和食中心の食事や運動、睡眠時間などの基本的なことの積み重ねが大事になってきます。

それでも気になる不調には鍼灸治療を取り入れてみてはいかがでしょうか?

お肌の曲がり角には「美容鍼」☆

体力の曲がり角には「全身鍼灸」☆

鍼とお灸の力を借りて「カラダの曲がり角」を上手にのりきりましょう!!

秋田市 整骨院・鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

冷えと女性

冷えについて東洋医学的な観点からも少し書いてみたいと思います。

現代の女性の身体はとにかく冷えています。
その原因はたくさんありますが、特に運動不足や食生活、ストレスなどです。
身体が冷えると全身の血行が悪くなり、東洋医学でいう瘀血(おけつ)という状態になってしまいます。

血流が悪くなると、体の隅々まで血液を届けることが出来なくなり、酸素や栄養が細胞に届かなくなります。
さらに内臓にまで冷えると卵巣や子宮などの妊娠に大事な臓器に大きな影響を及ぼしてしまう事もあります。
また、それが原因で生理痛やひどくなると子宮内膜症や子宮筋腫を招くことにもなります。

また女性の体は7の倍数で変化していきます。
35歳くらいから身体を温める【腎】の機能が衰え始めます。
自分は冷え性じゃないと思っていても、実は冷えている・・・ということも多いです。

女性にとって冷えは大敵なのです。

はりやお灸の治療は、血流の流れを改善し、冷えてしまった身体を内側から温め、自律神経やホルモンの乱れを整えます。
また、【腎】の機能を強化し子宮や卵巣などの働きが高めてくれます。
冷え症を始め、生理不順や生理痛、不妊症など女性特有の悩みは鍼灸で改善できることが多いのです!

秋田市 整骨院・鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

なぜ女性の体は冷えやすいのか?

もともと女性は男性に比べ筋肉量が少ないです。
筋肉は代謝を良くし、全身に血液を送る役割もあるので筋肉量の少ない女性は熱をつくるのも、熱を配るのも苦手です。
にもかかわらず、ダイエットのため偏った食事を続けたり、運動不足で筋肉量が少ないと、熱をうまくつくれなくなり冷え性へまっしぐら。
そのほか冷たい物や甘い物の食べ過ぎ、胃腸の働きが低下している、タイトな洋服やガードルによる締めつけ、女性に多い貧血なども冷えの原因になります。

現代女性の冷えの多くは、生活習慣が原因となっています。
最近は、冷暖房によって部屋と屋外の寒暖差が大きくなり、自律神経が乱れて体温調節が上手くできなくなる人も増えています。また、過度なストレスがあると、自律神経の交感神経が優位になり、毛細血管が縮まって体の末端が冷えやすくなります。
女性ホルモンの乱れによっても冷えを招く場合もあります。

昔から「冷えは万病のもと」とよく言われますが、本当にその通りです。
逆に言えば冷えは体からのSOSです。
「自分は冷え症だからしょうがないしょうがない」と諦めず、まずは体からのSOSに耳を傾けてみましょう!
少しの事からでもいいので運動や食生活などを見直し継続していければ必ず体は変わっていきますよ!

秋田市 整骨院・鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

「水」のトラブル

前回は「血」について書きましたが、今回は「水」の不足で生じるトラブルについて書いていきたいと思います。

「水」の事を東洋医学では「津液」と言います。
「津液」は「血」以外の体液のすべてを指します。
「津液」の重要な作用は全身を潤すことです。
例えば、関節を滑らかにしたり、髪や肌に艶を出したり、みずみずしさを保ったりしています。
また、汗、鼻水、涙、よだれ、つばは津液の代謝物で五液といわれています。

☆津液の不足で生じるトラブル
津液の不調には、津液の不足と停滞があります。
①津液の不足による症状
・肌や髪の乾燥
・のど、鼻、口の渇き
・関節の異常など

②津液の停滞による症状
・むくみ
・下痢
・痰など

今まで3回に分けて「気」「血」「水」のトラブルについて書いてきました。
「気」「血」「水」は密接に関わっているため、どれかひとつでも不調をきたすと全身に様々な症状が現れます。
病院に行っても原因がはっきりしない不調は「気」「血」「水」のバランスの乱れかもしれません。

鍼灸治療はそんな「気・血・水」の乱れを整えてくれます。
皆さんも「気・血・水」のバランスを整えて、不調を改善し、不調の起りにくい体づくりを目指しましょう!

秋田市 鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

「血」のトラブル

前回は「気」について書きましたが、今回は「血」の不足で生じるトラブルについて書いていきたいと思います。

東洋医学では「血」は「気」と並ぶ重要な基礎成分です。
その働きは全身に栄養を与えるだけでなく、人の精神活動も支えています。

特に女性は月経などで血液が不足しがちなので「血」に関する不調に陥りやすいです。

☆血の不足で生じるトラブル
①「血虚(けっきょ)」
血虚は血の不足、および血の機能の衰えた状態。
顔色や唇の色が薄くなったり、不眠や健忘など精神活動にも影響を及ぼします。
血虚の症状
・目の乾き、かすみ
・立ちくらみやめまい
・動悸
・月経不順
・冷え性など

②「血瘀(けつお)」
血瘀は血が停滞したり、巡りが悪くなる状態。
刺痛といわれる刺すような痛みや月経痛、神経痛などを生じることがあります。
血瘀の症状
・目の下のクマ、顔のくすみ
・月経痛
・便秘
・神経痛

③「血熱(血熱)」
血熱は血の中に熱がこもった状態。
血の循環不足で熱がこもった場合や味の濃い食事、辛い物の偏食場合にもおきる。
血熱の症状
・発熱
・鼻血
・口の渇き
・便秘

というように「血」のトラブルは体に様々な不調を及ぼします。
鍼灸治療で「血」ののバランスを整え、健康的な体を目指しましょう!

秋田市 鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

「気」のトラブル

東洋医学では人の体を構成し、生命を維持する基本要素を「気」、「血」、「津液(しんえき)」といいます。
今回は「気」不足で生じるトラブルについて書きたいと思います。

そもそも東洋医学での「気」は生命活動の根幹をなすエネルギーで、全身に分布されています。
「病は気から」と言うように「気」の不足や変調は全身の不調に直結します。

☆「気」の不調で生じるトラブル
①「気虚」
気虚とは「気」の量が不足し、機能低下が生じている状態。新陳代謝が悪くなったり、臓腑のき働きが低下したりします。
気虚の症状
・自汗…普通にしていても汗が出てくる状態。
・倦怠感.
・食欲不振など

②「気滞」
気滞とは気の流れが滞っている状態。気が滞っている部分に疼痛や熱が生じたり、イライラや不眠など精神が不安定になったりします。
気滞の症状
・精神の抑鬱
・げっぷ、おなら
・張痛…気が腹部で停滞し、張って痛い状態。

③「気逆」
気逆とは気が逆流している状態。
気逆の症状
・イライラ感
・呼吸器の異常
・吐き気

というように「気」のトラブルは体に様々な不調を及ぼします。
鍼灸治療をすることによりこれらの不調は改善することが可能です。
「鍼」は特に「気」のトラブルに効果的です。
「鍼と灸」を使った治療で「気」の流れを整え不調を解消しましょう!!

不妊症④(鍼灸治療)

第4回は不妊症と鍼灸治療について書いていきます。

妊娠力を高めるために最も大事な事はストレスをため込まず、リラックスした状態で前向きな気持ちで日々を過ごす事です。
つまり副交感神経が優位になるような生活を送ることが大切です。
しかし、不妊治療をしてもなかなか結果が出ないと、どうしてもネガティブになったりホルモン剤の影響などで体調を崩したりとかなり心身共に負担がかかります。
常に妊娠のことで頭がいっぱいになり、だんだん追い詰められて精神的にもかなりつらい状態になっている方も少なくありません。

そんな時はまずは自分の体をいたわってあげましょう!

鍼灸治療は自律神経を整えるには最適です。
鍼灸治療をすることによりリラックス効果があります。
「痛い」、「熱い」といるイメージの方も多いかもしれませんが、当院の鍼灸治療は「痛みもほとんどなく、温かくて気持ちいい」治療をこころがけていますので、ほとんどの方が治療中リラックスした状態で治療を受けられています。眠ってしまう患者様もいらっしゃいます。

また、不妊で悩まれている方のほとんどは「冷え」があります。
お灸でじんわりと体を温め、血流を良くしし冷えの体質を改善していきます。
骨盤内の血流もアップするので子宮内膜もしっかりとした厚さに改善されたり、ホルモンバランスの乱れも改善が期待出来ます。
PMSや生理痛に悩まれている方にも鍼灸治療は効果があります。

以下は当院の不妊治療についてです。
治療は、お1人お1人の体質はすべて異なることを考慮した上で、東洋医学の特徴でありメリットであるオーダーメイドの治療を心がけさせていただいています。

治療のペースは理想は週2回程度ですが、鍼灸の効果が期待出来る限度は週1回の治療ペースになります。

治療期間の目安は個人差(年齢、体質、不妊の原因など)がありますが、鍼灸治療の効果がでる(妊娠する)には早くて3ヶ月後、通常ですと半年~1年位で効果がでる場合が多くなっています。
また、効果が出やすい方は比較的、治療初期の段階で肩こりが軽くなったり、便秘が改善されたり、疲れにくくなったりなどの諸症状がの改善がみられる方が多いです。

何かご不明な点、気になる点などございましたら遠慮なくお問い合わせ下さい。

不妊症(食生活)③

第3回は食生活について書いていきます。

「食べる物は血となり骨となる重要な要素」
大切なのは分かっていてもなかなか3食バランスの取れた食事をとることはかなり難しいです。
なので、今回はなるべく取り入れやすい食生活の参考になる知識を書きたいと思います。

・体を温める食べ物、体を冷やす食べ物
「大切なことは旬の食材を食べる」ということです。
基本的に夏に旬の素材は体を冷やし、冬に旬の素材は体を温める作用があります。
夏に旬の食べ物を夏に食べるのはいいと思いますが、寒い冬に食べると体をさらに冷やす事につながりますからなるべく避けましょう。
食材すべてを体を温める物にする必要はありませんが例えば夏野菜を大量にとるのであれば、発汗作用のあるショウガをいれてスープにするなど工夫しましょう。

・温める食材例
野菜・・・カボチャ、ゴボウ、人参、大根、レンコン、ショウガなど
果物・・・リンゴ、プルーン、ブドウなど
飲み物・・・紅茶、赤ワイン、日本酒
その他・・・黒砂糖、味噌、香辛料など

・冷やす食材例
野菜・・・ナス、レタス、トマト、キュウリなど
果物・・・バナナ、マンゴー、スイカ、パイナップルなど
飲み物・・・コーヒー、牛乳、白ワインなど
その他・・・白砂糖、マヨネーズ、化学調味料など

☆朝昼晩の食事のポイントについて
・朝食
朝食は交感神経を活発にさせ、体全体にエネルギーを送るスイッチの様な役割をしてくれます。
なので朝食は血糖値を上げ、体温上昇を促してくれる和食がオススメです。
ご飯と味噌汁+1品(納豆や魚、卵、おひたしなど)
これだけでパン食より腹持ちもよくバランスよく栄養を摂取できます。
・昼食
昼食は外食が多くカロリー過多になりがちです。
できればお弁当を持参するか、少量を品数多く食べることを心がけましょう。
・夕食
夕食はできるだけ8時までに済ませるのが理想的です。
夜は副交感神経が働き、睡眠への準備を始める時間帯です。
寝る直前などに食べると摂取したエネルギーが消費されず肥満の原因になります。
・その他
食事はなるべくよく噛んで時間をかけてゆっくり食べましょう。

いろいろ書きましたが、毎日の食事に取り入れられそうな事があれば是非、参考にしてみて下さい。

秋田市 鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

不妊症②(生活習慣)

第2回目は妊娠しやすい身体になるための生活習慣について書いていきたいと思います。

まず、大事になるのは体を動かし、血行をよくしてホルモンバランスを整えることです。

現代の私たちの生活は便利になりすぎて、歩くことも減り、パソコンやスマホの普及により同じ姿勢で何時間も過ごすことが増えています。そのため私たちに体は慢性的な運動不足状態にあります。
さらに、流通や外食産業が発展し、季節問わず食べたいものがいつでも食べれることは肥満の一因にもなっています。
また、過剰なほどのエアコンで、体温のコントロール機能がおかしくなってしまうことも。。。
何もケアせず過ごしていると冷え性や肥満、ホルモン障害、睡眠障害など妊娠しづらい体にしてしまっているかもしれません。
日常の生活を改めて見つめ直し、妊娠しやすい体作りをしていきましょう!!

・冷え性を治そう!
妊娠に必要なホルモンは脳や卵巣から分泌され、血流に乗って体全体に運ばれます。
血流が悪いと、必要な場所に適量が行き届かなくなるため排卵障害や子宮内膜が厚くならないなどの不妊の原因につながる可能性があります。
まずは適度な運動を取り入れてみましょう。
10~30分程度のウォーキングでも十分効果を得られます。

・体の内も外も温かい状態に!
口から入れるものはなるべく温かい物にし、夏場の飲料水もなるべく常温を心がけて下さい。
入浴も半身浴がオススメです。
ぬるめのお湯に20~30分くらい腰からしたを浸かってみましょう。
さらに、手首・足首・首元を温めるのもオススメです。
素足は避けて、首元にストールを巻くなど体を冷やさないファッションを工夫してみましょう。
また体を締め付ける服装も血行不良の原因となるので気をつけましょう!

「体を冷えから遠ざける習慣」
・適度な運動
・早寝早起き
・規則正しい食事
・温かい食事をとる
・半身浴
・締め付けの強い服を着ない

次回は食生活についてもう少し詳しく書きたいと思います。

秋田市 鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院