NEWS

不眠症と自律神経

秋田市 整骨院・鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

今回は不眠症についてお話しします。

布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、寝てもすぐに起きてしまったりして、必要な睡眠が十分に取れなくなってしまう不眠症。
夜寝れないせいで日中の生活にまで支障が出るようになってしまいます。

不眠症は中高年になると急増すると言われています。

人が寝れなくなる原因は様々です。カフェインの取り過ぎや生活リズムの乱れ、喘息や花粉症で息苦しく熟睡出来なかったり、トイレが近く夜中に何度も目が覚めてしまう場合もあります。
その中でも厄介なのが自律神経の乱れによる不眠です。

自律神経とは、自分の意思に関係なく、生きていく上で必要な肺や心臓などの様々な活動を支えている神経です。
この自律神経が乱れると様々な不調を感じるようになります。
病院で全身をくまなく検査しても異常が見つからないのに、本人は体のだるさ、頭痛、肩こり、不眠、動悸、イライラ、食欲不振などの不調を感じるようになります。

自律神経は交感神経と副交感神経から成ります。
交感神経はストレスを受けたときや緊急時に働きます。逆に副交感神経はリラックスするときに働きます。
睡眠時や睡眠中は交感神経よりも副交感神経が優位に働きます。
しかし、生活リズムの乱れ、過度のストレス、環境の変化などにより交感神経と副交感神経のバランスが悪くなり不眠につながります。

「不眠症に対する鍼灸治療」
鍼治療はツボに髪の毛ほどの細い「はり」や心地いい「お灸」でアプローチすることで興奮状態にある交感神経を鎮め、身体をリラックスさせるため副交感神経の働きを活性化させる効果があります。
副交感神経が優位になると身体の力が抜け睡眠状態を良好に保つことができます。

不眠により、イライラする状態が続いて、大きな精神的苦痛を受けている方も多いと思います。
まだ鍼灸治療お試してない方は、ぜひ一度試してみて下さい。

5月のカレンダー

秋田市 整骨院・鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

5月の休診日のお知らせです。

GWも診療いたします!
3日と5日は17時まで、4日は12時まで診療いたします。

5月の休診日は2日、6日、9日、16日、20日、23日、24日、30日です。

よろしくお願いします。

四十肩・五十肩の治療例

秋田市 整骨院・鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

左肩が30°以上上げると痛みが強く出て整形外科で湿布薬と痛み止めを処方されるが改善が視られず来院。
当院で鍼灸治療と運動療法を取り入れた治療で週一回の治療で現在3ヶ月治療を継続していて160°まで肩が挙上するようになった。

四十肩・五十肩の原因はまだはっきりと解明されていませんが、加齢に伴い肩の関節や筋肉、肩周辺組織に固くなったり縮むなどの変化が起こることで炎症や痛みを引き起こすと考えられています。
また、普段の生活習慣も要因となます。
例えばデスクワークが多い方なら、肩や腕が体の前側に来ている状態で、筋肉が固まってしまいます。また現代の生活ではスマートフォンやパソコンの長時間操作などの姿勢も多く、かたを上げたりするのは、電車やバスのつり革を持つときや洗濯物を干すときぐらいで、他にほとんど肩を上げることが少なくなっています。

四十肩・五十肩は急性期は突然鋭い痛みが発生する「急性期」と鈍い痛みに変わり肩の動きが制限される「慢性期」とがあります。肩を動かすと痛いので、長い間動かさないでいると関節が拘縮し、可動域が減少し日常生活に支障をきたします。

四十肩・五十肩は肩関節だけの問題だと思われがちですが、肩甲骨・腕・肘・手などを動かす筋肉も関係していると当院では考えています。
そのため、当院では肩だけではなく原因と思われる部分見極め治療します。
そして、はり・灸、手技などで血流を改善し、固くなった筋肉を緩め、運動療法で可動域を広げていきます。

美容鍼で素肌力アップ!

秋田市 整骨院・鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

4月に入り新年度がスタートし慣れない環境やストレスを感じていませんか・・・?

疲れがたまって、
お肌ががくすんでしまっていたり・・・
クマができていたり・・・
たるみが気になってきたり・・・
なんだか疲れ顔・・・

なんてことはございませんか?

「身体の状態=肌の状態」とも言われるように「疲れ」と「肌のトラブル」は深い関係があります。

疲れがたまった体は血流が悪くなり、お顔に必要な栄養や水分、酸素などが行き届かなくなります。
その結果、くすみやたるみなどとなって現れます。

そんな時には美容鍼!

美容鍼で顔に「はり」を刺すことにより身体は異物が入ってきたと判断し、細胞は修復に必要な材料をどんどん分泌します。
それが肌の弾力成分である「コラーゲン」と「エラスチン」です!
潤いを保つための大切な成分です。

また当院では顔に鍼を刺すだけでなく、手足のツボも使い、身体全体の調子を整えていきます。
体の状態は肌の状態に直結しますからね。

美容鍼はナチュラルな美容法。
ずっと効果が続いてくれたらいいのですが、ナチュラルな美容法なため継続が大切です。
ですから、定期的にメンテナンスを受け、自分史上最高に輝くお顔を維持・継続し続けて下さい。

ぜひ、美容鍼でお肌の潤いや透明感を取り戻し、素敵な素肌を目指しませんか?

月経前症候群(PMS)について

今回は月経前症候群(PMS)についてお話しします。

月経前症候群は月経1~2週間前から現れる症状の総称です。

その症状は、乳房の張り、腰痛、腹痛、頭痛、めまい、むくみ、便秘、肌荒れなどの体の不調からイライラ、情緒不安定、気分の落ち込み、無気力、不眠などといった精神的不調まで十人十色。

原因は月経前のホルモンバランスの異常と考えられています。
また、冷えや、ストレスも大きく関係します。

月経のたびに毎月同じような症状が繰り返されるため、煩わしいですが、ものは考えよう。
時期が読めるため準備もしやすく、早いタイミングで鍼灸治療を行えば心身ともにラクにすることも可能です。

そこで、治療に使うツボを少し紹介します。

☆三陰交・・・足の内くるぶしから指4本分上、足の内側にある太い骨のきわのところ。
婦人科系トラブルの万能ツボです。月経や妊娠と深く関わるツボです。ホルモンバランスを整えます。

☆血海・・・膝のお皿の内側上端から指三本分ななめ上の圧痛点。
漢字の通り血液に深く関わるツボです。血流の滞りを改善し、血行を良くします。

☆太衝・・・足の甲で、親指と人差し指の骨が交わるところのくぼみ。
頭痛やめまい、イライラなどを鎮めてくれます。

月経前症候群でお悩みの方はお気軽に当院にご相談下さい。

鍼灸で免疫力を上げましょう。

4月に入りましたが、まだまだ寒い日が続いていますね。

季節の変わり目は体調も崩しやすいですよね、、、。

今日はそんな季節にぴったりの免疫力を上げるツボを紹介します!

免疫力とは健康を維持する最強のシステムです。
免疫力低下の原因はさまざまですが、主なものは老化や食生活、睡眠不足、ストレスなどです。
中でもストレスは自律神経を不調に陥れ、免疫力低下の最大の原因となります。

東洋医学では免疫力の基本は血が体内に十分にあり、それが気となって体内をスムーズに流れていることです。

☆足三里・・・足の膝のお皿の下の外側のくぼみから指4本分下がったところ。
健康長寿には最も大切なツボです。
足三里には胃腸を改善する働きがあります。免疫細胞の70パーセントは腸に存在しているとも言われているため、足三里は免疫を活性化する効果があるとされています。
特に灸がよく効くツボです。

☆爪もみ・・・自律神経の乱れをととのえます。
爪の生え際の両脇には井穴と言われるツボがあります。そこを10~20秒ほどぎゅーっとつまみます。(薬指以外)

免疫力は人間が元々持っている「病気やストレスに負けない力」です。
鍼灸治療はその免疫力を上げるのにぴったりの治療法です!!
毎日の健康維持に鍼灸を取り入れてみませんか?

       

4月のカレンダー

秋田市 整骨院・鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院

4月の休診日のお知らせです。

4月の休診日は4/1,4/4、4/11、4/15、4/18、4/25、4/29、4/30です。

4/8、4/21、4/22は午前中のみとなります。
(※4/21(土)は研修会のため午前中のみの診察になります。)

GWも診療いたします。
GWは3日(木)・5日(土)は17時まで、4日(金)は12時まで診療いたします。

自己紹介

はじめまして。

はな鍼灸整骨院の阿部です。

埼玉県で修行を積み、2016年8月に地元秋田に夫婦で開業させていただきました。

皆様がより健康的で楽しい人生を送っていただくためのお力になれるように頑張ります!