西洋医学と東洋医学の違い

今年も残りわずかとなりました。。。
今年は「コロナウイルス」に翻弄された1年でしたね・・・。
少しでも早く終息してくれるのを祈るばかりです。

さて、今年最後の投稿となりますが、西洋医学と東洋医学の違いについて書いてみたので是非読んでみてください!

西洋医学と東洋医学は「人の身体を良くしていく」という基本的な考え方は同じです。
大きな違いは不調になった原因や不調になった人間の見方、治療方針の立て方などです。

東洋医学は人間の体を流れている「気」「血」「水」により身体の生命活動が維持され、これらが滞ったり、不足したりバランスが崩れることで病気になったり不調が現れたりすると考えます。
そして、身体全体を1つのものとして捉え、治療も全身的に行います。
「全身が元気でないと身体を治すことはできない」と考えます。

西洋医学は「皮膚科」「呼吸器科」「消化器内科」など身体をそれぞれの臓器に分け、症状が出ている場所に対して診察し、それぞれの症状に対応したお薬などを処方して不調の部分を治療していきます。

例えば頭痛に対しても西洋医学はMRIなどで重大な病気が隠れていないか確認し、特に原因はなければ痛み止めの服用で様子を見ることが多いと思います。
東洋医学では頭痛の原因なっている筋肉の緊張や血流のバランスの乱れや、精神的ストレスなどに着目し、「心」と「身体」の両面からアプローチしていきます。
但し、東洋医学はお薬とは違い、即効性はありません。治療を重ね、徐々に頭痛になりづらい健康的な身体に整えていきます。

西洋医学と東洋医学はの使い分けは個々によって違います。
解明されている病気や、検査で原因のはっきりしている病気などは西洋医学による治療が大切です。
外傷や急性症状なども西洋医学の治療が大切になってきます。

ただし、症状はあるけど病院の検査では異常が見つからない、いわゆる「未病」と言われる状態は東洋医学が得意な分野です。
近年増えている「自律神経失調症」や「不眠」、「冷え症」、「気分の落ち込み」など病院ではっきりとした診断のつかない症状は鍼灸治療で改善することも多いです。

また、予防医学の面でも西洋医学、東洋医学それぞれにいい面があります。
西洋医学は人間ドックや健康診断によって大きな病気を早期に見つけることが出来き、疫学や公衆衛生の発達により寿命が延びていることも西洋医学の大きな成果です。
東洋医学では普段から養生し免疫力をを高めておくことで、病気になりにくい身体を作ることが出来ます。
また、自然治癒力を高めておくことで、少し体調を崩しても悪化せず、自分自身の治癒力で症状を回復させることが可能です。

西洋医学、東洋医学どちらにもメリットデメリットがあります。
それぞれの症状や状態に応じてうまく選択していくことが大切です。

人間の体は神秘的です。
医学が発達してきた現代でさえもエビデンスだけでは解明できない痛みやつらさがあります。
みなさんが健康で健やかな日常を送れるよう私たちも日々頑張っていきたいと思います。

2020年もたくさんのご来院ありがとうございました。
2021年もどうぞよろしくお願いします!

秋田市 鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院