うつと鍼灸

今年はコロナウイルスの関係で自律神経の乱れによる体調不良に悩んでいる人が増えています。

現代社会は多種多様なすとストレスと常に隣り合わせです。
そのため「うつ病」は身近な病気になりつつあります。

「うつ病」は心と身体の両方に症状を現します。
決して心だけの病気ではありません。
気分の落ち込みや、不安感、興味や喜びなどの感情の喪失、食欲不振や体重減少、不眠など様々な症状が現れます。

「うつ病」にも鍼灸治療は効果が認められています。
WHOでも鍼灸適応疾患に「うつ」の症状が挙げられています。
ちょっと難しい話になりますが、、、
うつになったとき、その人の脳内ではノルアドレナリン、セロトニン、ドーパミンなどのモノアミン神経伝達物質が減少することが分かっています。
抗うつ薬はそういった神経伝達物質に働きかけ、うつを改善しようとするものです。
その神経伝達物質を鍼灸治療でも増やすことができます。
もともと鍼灸は人間が本来持っている自然治癒力を活性化しホメオスタシスを働かそうとする治療法です。
そのため、抗うつ薬のような副作用もなく、身体の中の足りないモノは補い、余分なモノは減少するようになります。
つまり、薬物療法では副作用や、お薬をやめたときにみられる離脱症状に苦しむ事もありますが、
鍼灸治療ではそのような事はなく自分の自然治癒力を引き出し、「うつ」からくる様々な症状を改ざんすることが可能です。

鍼灸治療はお薬とは違うので、治療してすぐに症状が改善することは難しいです。
でも、治療を継続していくと根本からの症状の改善が期待でき、様々なストレスに対しての耐性も強くすることもできます。

秋田市 鍼灸院・美容鍼 はな鍼灸整骨院